アメリカ仕込みの国際弁護士が依頼人の遺産相続をサポート

遺産相続の基礎知識を身につける重要性について

相続の規模を考えよう

自由の女神像相続が発生したときには、誰がどのくらいのものを相続するかと言うことを明確にしておく必要があります。
そのためにはしっかりとした知識を持っておくようにします。
故人になってからでは遅い、そういう事例はたくさんあります。
私たちと一緒にドライに、そして尚かつハートウォーミングに、相続問題に取り組んでいきましょう。

相続の法知識は膨大で複雑

相続に関しては想像している以上に法制度が複雑になっていると言うことを忘れないようにします。
現金の相続に関してはその中でも比較的簡単に行うことができます。
しかし不動産を相続するというようなこともあります。
この際の遺産相続に関しては、財産管理人が指定されるまでは全員で管理しなければいけないと言うようになっています。
不動産を放棄すると言うこともありますが、この場合には借金などの財産相続放棄よりも手続きが複雑になっています。

相続問題を敬遠する人も多い

相続問題は少し面倒に感じている人がいますが、このような理由が背景にあります。
不動産管理費用は申し立てを行う遺族の負担となりますが、ここで大切なことはしっかりとした知識のある第三者がいると言うことです。
このような人がいなければ正しい不動産相続をすることができません。

円満な相続には相続人全員の協力が必要です

また遺産相続では話し合いが行われます。
これは遺産分割協議といいますが、このときに遺産分割協議書の作成をしなければいけません。
これは遺産分割協議に関して記載された正式な文書となります。
誰が何を相続したのかと言うことを主張することができる大切なものです。
これを書き換えるときには相続人全員の合意が必要になることを忘れないようにします。
ここでは決められた書き方はありませんが、注意点があるのでしっかりとそのポイントを押さえておきます。
ここでは必ず法定相続人全員で協議をする必要があります。
また法定相続人全員が署名や実印の押印をします。不安な場合は相続 弁護士などの第三者に立ち会ってもらうとその後のトラブル防止になります。
このときに財産の表示方法に注意するようにします。
弊社サイトを参考に、円満でスムーズな相続を目指してみて下さい。

新しいエピソード

  • night-town220

    相続税の他にも固定資産税と所得税がかかることを覚えておきましょう

    なぜ相続税が大切なのか 相続税は全ての人が納税しなければいけないというものではありません。 実際のところ100 …

    続きを読む...

  • colorful220

    体験談:法定相続人の範囲と優先順位について

    法定相続人の選定とは? 家族や親族が亡くなった場合、故人(つまり、被相続人)の財産は、遺言書が残されていない場 …

    続きを読む...

  • marine220

    遺産相続でもめないために知っておきたい3つのこと

    相続トラブル体験者からのアドバイス 親族がなくなり、お通夜やお葬式が終わりホットするのもつかの間、遺産相続で家 …

    続きを読む...

  • street220

    遺産相続は継ぐか継がないかの二者択一です

    財産を相続しないという選択肢もあります 一般的に、相続と聞けば亡くなった故人が持っていた資産や財産を思い浮かべ …

    続きを読む...