法定相続人の範囲について

遺産を相続をできる人間の範囲は限られている

相続が発生したときには、基本的には家族や身内が相続人になるように決められています。
しかしここで注意しなければいけないことは、その範囲と優先順位が決められていると言うことです。
相続人とは法定相続人のことになりますが、これは遺言で受け取る権利がある人のことになります。
なぜ法律で相続人が定められているのかというと、遺言状があるとそれが最優先されるようになっているからです。
もちろん遺言状がないことも多くあります。
その場合には優先順位は範囲をしっかりと把握しておくと、スムーズに手続きを進めることができます。

遺言状がない状態での相続のケース

遺言状がない場合の第1順位の相続人に関しては、子供と孫とひ孫になります。
そして第2順位の相続人は父母になります。
父母の両方がなくなっているというような場合には、祖父母にこの権利がうつります。
第3順位の相続人に関しては、兄弟姉妹となっています。

配偶者と子供たちでほぼ相続人は埋まります

ここで気になる配偶者はどこに位置しているのかと言うことですが、配偶者に関しては常に法定相続人となっています。
この中で第1順位である子供がいる場合には、子供がこの相続人になります。
以下第2順位と第3順位というように権利がうつっていきます。
違い順位の相続人に関しては、同時に相続人になることはありません。
具体的にはなくなった人に子供がいる場合には両親や兄弟姉妹は相続人にはなりません。

養子がいる場合

養子は相続人になることができるのかが気になります。
この場合養子も子供と同じように考えられているので相続人になることができます。
養子に関しては実の両親と義理の両親両方を相続することができるという特長があります。
しかし注意しなければいけないことがあります。
それは特別養子縁組をしているときです。
特別養子縁組をしているときには、義理の親だけを相続できるようになっています。