遺産相続で争いを引き超さないために

日ごろのコミュニケーションがトラブルを防ぎます

遺産相続をする際には全く何の問題もなく進めることができると言うことばかりではありません。
何かしらのトラブルが発生することが多くなっています。
その中で最も多くなっているのがコミュニケーション不足です。
したがってまずはしっかりとコミュニケーションを取ることが大切です。

誰がリーダーシップを取るのか?

遺産分割の話し合いに関しては長男が話を進めるというケースが多くなっていますが、その際に他の兄弟が不満を感じると言うことは少なくありません。
ここでもめ事を引き起こさないために今後のスケジュールをしっかりと伝えることが大切です。
いつ頃に財産のすべての内容がわかるのか、また次の話し合いはいつ頃になるのかなどはできるだけ早く伝えておくようにします。

遺産の規模を明らかにしておこう

また財産のお金が少ないと感じる人もいますが、この対策として生前から被相続人のお金の出入りに関して帳簿に付けておくと安心です。
他にも財産がないのではと疑うような人もいますが、この対策としてはできるだけ早く財産目録を作って情報をすべての人に確認してもらえるようにしておきます。
自分で作成することもできますが、すべての人が納得できるように弁護士や税理士に依頼をする方が安心です。

相続で差が出ないように気をつけましょう

相続税対策のための生前贈与や生命保険に関しては、相続税対策としては有効であっても、偏った生前贈与や生命保険の受取人にしてしまうと差が発生してしまいます。
これが不平等と言うことで争いの原因となってしまうことがあるので、差が付かないように気をつけます。
不動産がたくさんあり現金が少ないというようなこともあります。
この場合将来の相続税の分だけではなく、代償分割をすることができる現金を用意しておくことが大切です。
お互いの理解が不十分と言うこともあるので、しっかりとコミュニケーションを取ることが大切です。